ソニー渾身のサウンドバー「HT-ST5000」レビュー

今回は自室で使用しているサウンドバー、ソニーの「HT-ST5000」を紹介します。個人的に現時点で「HT-ST5000」は最強のサウンドバーです。しかし、ネット上にレビューが少なく良さがあまり伝わっていないので、今回はどの辺りが最強のサウンドバーなのか伝えていきます。



購入の経緯

PS4 Proとテレビは4K、HDRに対応しているのですが、当時使用していたサウンドバー「HT-CT660」が古い過ぎてHDRの映像に対応してませんでした。
テレビに直接HDMIをつなぐことで解決できるのですが、音質面がARCだとかなり不利になるので4K、HDR対応しているサウンドバーに買い換えることを決意します。

試聴をおこない、しっかり検討してから「HT-ST5000」を購入したかったのですが、我が県には試聴できる環境がなかったので、ネットのレビューだけでポチってます。

なぜ、スピーカーじゃなくてサウンドバーかと言うと、自室のスペース的に普通にスピーカーを置くスペースがないのでサウンドバーを使用しています。
アンプ買ってちゃんとした5.1ch環境とか作りたいけどね… お金もスペースも無いから…

スペック

  • チャンネル数:7.1.2ch
  • 映像:4K、HDR(Dolby Vision、HLG)、60P対応
  • 再生フォーマット:DolbyDigital系、DTS系、ハイレゾ(FLACやDSD)など
  • 入力端子:HDMI×3、光デジタル、アナログ入力、USB、LAN、Bluetooth

2018年現在、ソニーの最高峰サウンドバーだそうです。
最新のサウンド技術、Dolby Atmos、DTS:Xも対応しているので現状最強のサウンドバーです。

音質

音質の評価は自分の主な用途、ゲーム、アニメ、ライブ鑑賞、音楽鑑賞の4つで行っていきます。モードは3Dサラウンドで検証です。

ゲーム

こういったサイトのレビューはFPSなどで評価するのが定番なのですが、自分は苦手でほぼやらないので、モンスターハンターワールド(MHW)でやります。

環境音がすごい聞こえる! 水の音やモンスターの足音などが結構綺麗に聞こえます。
BGMがいつもと違う! いや、正確には一緒なんですが、こんな音も鳴っていたんだと新しい発見があります。そんな感じで聞き惚れていると問答無用で殺されますが…
個人的には拠点や集会場のガヤガヤ感が結構リアルで好きです。

モンスターハンター:ワールドBestPrice - PS4

モンスターハンター:ワールドBestPrice - PS4

2,400円(12/06 01:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

アニメ

こちらはストライクウィッチーズのBDで評価していきます。

臨場感がやばい。ネウロイとの戦闘とかストライカーのプロペラ音とか結構ビビるぐらい音鳴ります。銃撃音や爆発音もリアルに鳴ります。正直、あまりの大きさにビビりました。これは、あんまり爆音だとご近所さんの迷惑になりますね。

あとセリフが聞きやすい。
以前使っていたHT-CT660は結構セリフが籠もって聞こえたり、BGMや環境音などの他の音に負けて、聞き取りにくかったのですがHT-ST5000ではセリフがしっかり聞こえます。

ストライクウィッチーズ コンプリート Blu-ray BOX(初回生産限定版)

ストライクウィッチーズ コンプリート Blu-ray BOX(初回生産限定版)

福圓美里, 千葉紗子, 世戸さおり, 田中理恵, 名塚佳織
37,512円(12/06 01:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

ライブ

もちろんアイドルマスターミリオンライブBDです。
こちらも臨場感がすごい。まじでライブ会場にいるような感じがします。音に包まれている感じは一番強いですね。ライブ独特のエコーの響きもしっかり感じられます。ボーカルもしっかり聞かせてくれくれるので、バラード系の曲もしっとり聴かせてくれてよかったです。もちろんかっこいい系の曲もよく、ライブならではの低音も再現できていました。

ただ、結構音量をあげないと、この臨場感は作れないですね。普通の音量だと、臨場感はあんまりないです。
サウンドバーを購入層は何らかの問題があり、通常のスピーカーを置けない人が多いのではないので、音量が小さいと臨場感を得られないのは少し残念です。

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 4thLIVE TH@NK YOU for SMILE! LIVE Blu-ray COMPLETE THE@TER

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 4thLIVE TH@NK YOU for SMILE! LIVE Blu-ray COMPLETE THE@TER

アイドルマスター ミリオンライブ!
34,668円(12/06 01:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

音楽

「Dimension tripper!!!!」で確認します。
先程までの感じでは低音が強いイメージがあったのですが綺麗に高音が鳴っていてびっくり。また、解像度も想像より高く細かな音がしっかりなっています。曲の終わりの余韻もしっかりあり、サウンドバーでも意外と音楽きれいに鳴らすことができるですね。
というのもHT-CT660で音楽を再生した場合、低音が強すぎてボーカルが籠もったり、埋もれたりしていたのですが、HT-ST5000ではそんなことはなく綺麗に鳴らしてくたのでそう感じることができました。

サイズ感

非常に大きいです。49インチのテレビの横幅を余裕で超えてきます。これに+ウーファーなのでむちゃくちゃ重いので設置は2人いると安心です。1人でもできますが箱の形上持ち運びしにくいです。

高さはギリギリテレビ画面と干渉しません。非常にありがたいです。最近のテレビは付け根から画面までの高さが、そんなに高く無いので、画面に被っちゃうんですよね…

ちなみにサウンドバー前面のカバーは取ることができます。保管場所がないので付けてますが、なんと公式では外すことを推奨としています!
大抵のユーザーが保管場所に困るので、付けたままにしているのではないのでしょうか…

入力端子

標準的な端子が全てついているので特に困ることはありません。
ただ4K対応製品とHDMI接続する場合、HT-ST5000の設定を変えないといけないのはだるい。
一度設定を変えれば、以後設定の必要はないのですが微妙にリモコンと設定画面のレスポンスが悪いのでストレスになりますね。

どのような人におすすめなのか

HT-ST5000は正直テレビの音を今より良くしたい! なんて軽い気持ちで買うものではありません(値段的に)。なのでどのような方におすすめできるかまとめます。

スピーカー設置場所が確保できない人

大前提で通常のホームシアターシステムのスピーカーが設置できない人向けです。通常のホームシアターシステムが組める人は、そちらを購入した方がいいです。HT-ST5000の値段もなかなかなので、同じ値段を出せば2.1chのシアターシステムが組むことができてしまいます。もちろんこだわれば、もっと上の値段になりますがサウンドバーのフライングシップより、10万円ぐらいの2.1chスピーカーの方が音がいいことなんてざらにあります。

ゲームをよくプレイたり、映画をよく見る方

HT-ST5000は4K、HDRにDolby Atmos、DTS:Xと最新の映像、音声フォーマットに対応しています。正直テレビ番組を見る用途で使用するなら、オーバースペックです。これらの最新フォーマットを活かせるのはゲームと映画ぐらいしかありません。

最近はNetflixなどの映像ストリーミングサービスを利用すれば、4K、HDR、Dolby Atmos or DTS:Xに対応したコンテンツを配信しているのでHT-ST5000の性能を最大限にいかすことができます。また、ゲームも4K、HDR、Dolby Atmosに対応しているゲームがあるのでHT-ST5000の性能をいかすことができます。自分もゲーム用途で買っています。

まとめ

個人的にスペックはもちろん、音質も最強のサウンドバーです。
HT-CT660の延長線みたいな音が鳴るんだと想像していたのですが、見事に良い方向に期待を裏切られたので良かったです。

音の不満は無いのですが、設定画面などのレスポンスの遅さは気になります。初期設定でしか触ることはないので、気にしなくて良いのかもしれませんが値段が値段だけにしっかりしてほしかったかな。

ホームシアターを組みたいけど設置場所が取れない方。ゲームや映画を全力で楽しみたい方にすごくおすすめなので、一度サウンドバーを検討してみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!