個人向けNAS I-O DATAの「HDL2-AA」をレビューします

最近のPCはSSDを積んでいるので、大容量のファイルを扱うとすぐに容量不足になってしまいます。もちろんSSD自体の容量を大きくすれば良いのですが、お高い。ということで、なにか良いものはないかと探している中で、HDL2-AA4(4TB)と出会い購入することにしました。



NASとは

NAS(Network Attached Storage)とはネットワーク上に接続できるHDD(ハードディスク)のことです。通常の外付けHDDと違い、同じネットワーク上でつながっているユーザーであれば複数人が同時にアクセスできます。

また、スマートフォンやタブレット、テレビなどからもアクセスできファイル共有などが容易にできるのもNASならではの機能です。

購入の経緯

当初外付けHDDを購入する予定だったのですが、MacのUSBがType-Cなので接続がめんどくさい。あと、スマホでも直接ファイルを共有できるようにしたいと思っていたので、これを機にNASを導入することにしました。

なぜHDL2-AAを選んだかというと

  • 他社製品は横長なのに対し、HDL2-AAは縦長なので置き場所をコンパクトにできる。
  • RAID 1に対応していた。
  • 比較していた物の中で1番安かった。

て感じですね。1番の決め手はやはり設置スペースを取らないことですね。机の上ごちゃごちゃしているんで、これ以上汚くしたくなかった…ていうのが理由ですね。

スペック

特長 : 超高速モデル/RAID 1対応 116MB/s
ドライブ数 : 3.5インチ SATAドライブ×2  (2TB,4TB,6TB,8TB,12TB)
RAID(ミラーリング) : 拡張ボリューム RAID 0 RAID 1
CPU : デュアルコアCPU Marvell Armada382(1.33GHz)88F6821
メディアサーバー/DTCP-IP : 対応
インターフェース : LANポート×1 USB 2.0×2 USB 3.0×1

※公式サイトより

個人で使用する分には十分なスペックなのではないでしょうか。使用して不満に思うことは今の所ありません。

外観・サイズ感

外観はシンプルですね。木目調?でおしゃれです。大きさもそんなに大きくないです。重量は結構あるので、落としたら壊れると思います。

管理画面


初期設定などはこの管理画面でおこなうのですが、すごく残念です。何をするにも重い、遅い。
個人使用の場合、触ることは多くないと思いますが、もし企業に導入する場合は微妙です。社員ごとにアクセス制限を設定するなどの作業をする場合は結構イライラすると思います。

使用感

複数人で接続しても安定していて、ファイルの読み書きも早いです。稼働時の音も小さいので静音性にも優れているのもいいです。省電力モードにしておけば使用時以外はスタンバイモードになるので消費電力も小さくなります。

また、アクセス制限もかけることができるので、家族以外のNASへのアクセスを禁止にできるのもすごく便利です。

HDL2-AA便利機能「拡張ボリューム」


HDL2-AAの機能として「拡張ボリューム」があります。1つのファイルを2台のHDDに同時に保存することで、ミラーリングをおこないます。これだけ聞くとRAID 1と変わらないですがいろいろと違いがあります。

読み書き

従来のRAID 1との違いは、読み込み時に片方のHDDからしか読み込みをおこなわないことです。RAID 1は読み込み時2台のHDDから読み込むのですが、拡張ボリューム場合片方のHDDからは読み込まないので、HDD全体の寿命を伸ばすことができます。(RAID 1でもそんな壊れることないですが…)

書き込み時は2台同時に書き込みをおこなってるので、そういった意味では違いはないです。ただRAID 1はブロック単位で書き込むのに対し、拡張ボリュームはファイル単位で書き込みをおこないます。

HDDの容量アップが容易

従来のRAID 1と違いHDDの容量アップが容易にできます。HDDを片方ずつ交換することで、データを保持したまま容量を増やすことができます。

RAID 1と違い交換をおこなった際は、保存されたデータ領域のみをリビルドするため、リビルド時間の短縮でき、HDDの負荷を抑えることができます。また、ファイル単位で書き込むため高速なデータの読み書きが可能です。

まとめ

3ヶ月ほどNASを使用していますがファイル共有が楽になりました。今まではいろんな機器をUSBでつないでファイル転送していましたが、その手間が今ではありません。
また、動画の書き込みや、音楽データの読み込みもNASから容易におこなえるので、大容量ファイルも扱いやすくなりました。

通常の外付けHDDと比べると高価ですが、NASの利便性を知ってしまうと戻れなくなってしまいます。外付けHDDの購入を検討している方は、NASも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!