ASUS ZenBook 13 UX331UNを1ヶ月使用して感じた良いところ・悪いところをレビュー

今回ASUS ZenBook 13 UX331UNを購入して1ヶ月ほど使用したので、そちらのレビューをしていきます。今回購入したZenBookは仕事用です。



購入の経緯

今回は会社のPCが入れ替えの時期だったので、ASUS ZenBook 13 UX331UNを購入しました。
とくに会社からメーカーの指定はないので、今まで使用したことのないメーカーを選んでみました。

正直今どきPCはデザインを除けば、基本性能はほぼ同じだと思っているので、とくに調べもせずたまたま目に入った物を購入しました。

光沢がすごくかっこいいのですが、指紋が目立つので、定期的に拭かないと汚く見えてしまいます…

スペック

  • OS:Windows 10 Home
  • CPU:インテル® Core™ i5-8250U
  • GPU:NVIDIA® GeForce® MX150
  • 画面:13.1インチワイドTFT液晶(フルHD)
  • ストレージ:256GB
  • メモリ:8GB
  • 入出力端子:USB 3.0 × 2、HDMI出力×1。USB3.1 Type C Gen1 x 1

スペックは仕事をする分には可もなく不可もなくです。
入出力端子周りで、少し不満があるのでそちらは後ほど。

ZenBookの良いところ

1ヶ月使用して感じた良いところを紹介します。

処理速度

第8世代のCOREシリーズを積んでいるので、処理速度に関しては言うことがありません。
複数作業を並行しておこなっても、重くなることはありません。
さすがに動画編集をすると若干重くはなりますが、それでも許容範囲です。
ゲームをすることはないですが、一応グラボも積んでいるので簡単なゲームはできると思います。(FF15とかは無理ですが…)
1時間ほどの動画書き出しもグラボを積んでいるので以前のPCより、体感5~10分ほど短縮されています。

薄い、軽量

ZenBookの最大のメリットだと感じています。
仕事柄外でPCを使うことが多いので、ZenBookの軽さ、薄さは非常にありがたいです。
プライベートで使用しているMacBook Proは薄いですが重いのであまり持ち歩きたくありません。
ゼンブックの重さは1.14 kgとヤマサの醤油ぐらいの重さです。
醤油持ち歩ことはないですが、このぐらいの重さなら自分は許容範囲です。

ヤマサ 有機丸大豆の吟選しょうゆ 1000ml

ヤマサ 有機丸大豆の吟選しょうゆ 1000ml

850円(12/05 10:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

指紋認証

何くても困りませんが非常に便利です。
仕事用のPCなのでセキュリティはしっかりしてしておきたいので、指紋認証はありがたい。
指を切り落とされない限りは、突破されないです。
あと、ロック解除からの復帰が早い。
今まではパスワードの入力に少し時間を取られていましたが、指紋認証は指をかざすだけ。
そして精度も良好なので、指が濡れていない限りはすぐにロック解除ができます。

ZenBookの残念なところ

逆に使用していて残念に感じたところを紹介します。

キーボード

文字を打っている感じは、個人的に好きなキーボードなんですが、キー配列だけ不満があります。
それはバックスペースキーの上に電源キーがあることです。普通のノートPCだとデリートキーがあることが多いのですが、ゼンブックはなぜか電源ボタンがあります。

そんなところに電源キーがあるので、バックスペースを押そうとして、電源キーを押してしまう事故が何回かあります。現在は電源キーの動作を変更してあるので何も起きませんが、なぜそんなところに電源キーを配置してしまったのか…

トラックパッド

MacBookみたいに大きくて使いやすいのかと思いきや、反応しないことが結構あります。これは個体差なのか、 ZenBook製品全体の問題なのかはわかりませんが反応しなくてイライラします。
カーソルの移動はもちろん、クリックも反応しなくなるので外で使用しているときに、不具合が起きると逆パカしてやりたくなります。おかげで外でもマウスは必需品になりました。

入出力端子の少なさ

USB 3.0が2個、USB3.1 Type C Gen1が1個、HDMIが1個と端子が少ないです。USBの一つがマウスのレシーバーで使用してしまうので、USB端子は実質1個みたいなものです。
そこでUSB Type C用のハブを使用しUSBの増設 & 映像出力端子の増設を試みたのですが、問題が発生。
このPCのUSB Type Cは映像出力に対応していませんでした。おかげでトリプルディスプレイにすることが出来ず…
諦めてUSB3.0から出力するHDMI変換を買いました。USB3.0は全て埋まってしまいましたが、Type Cのハブが一応あるのでなんとか乗り越えられている感じです。

 

【追記】
コメントがありましたので、自分が使用しているUSB→HDMI変換の商品も紹介します。

USB3.0のポートに挿し込むこみ、HDMIを接続すれば使用することができます。
OSがWindows 10の場合は最新ドライバを必ずインストールしてください。
機器内に付属されているドライバは古いのか、Win10にインストールするとブルースクリーンになってしまいます。
なので必ず最新ドライバをインストールしてください。

最新ドライバはこちらからDLできます。

まとめ

弱点もあるものの、周辺機器を充実させることで補えるといった感じです。
見た目もかっこよく、おしゃれなカフェで使用していても違和感はありません。
スペックも仕事をする分には問題なく、バッテリーも普通の使い方をしていれば1日は軽く持つので、出張先でも非常に使いやすいです。
もちろんネットサーフィンをする方にもおすすめできるので、PC購入を検討している方は1度検討してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!