財布を落としたときの対処法 & 落とさない為の対策

  • 2018年8月17日
  • 2019年6月10日
  • 雑記
  • 881view

唐突ですが、最近忘れ物や落とし物をしたことはないでしょうか。私も先日財布を落として結構焦りました。何にせ初めての経験だったので、何をしたらいいかわからず悪戦苦闘しました。結果的には警察やお店に連絡を取り見つかったのですが、これを気に万が一に備えて対処法と対策をまとめることにしました。



対策を考えるに至った経緯

今回忘れ物、落とし物をしたときの対処法 & 対策の記事をまとめるに至った経緯を振り返ります。

事件1 財布紛失事件

8月某日、ゲームセンターに財布を忘れる。ゲーム筐体の上に財布を置き、そのまま置いていたことを忘れ、翌日に財布がないことに気づく。店舗に電話し、財布の落とし物がないか問い合わせし無事に帰って来る。中身も無事でした。

事件2 キッシュカード紛失事件

こちらも8月某日、コンビニATMで使用したのを最後に、キッシュカードを紛失。数日間全く気づかず、慌ててコンビニに連絡したところ、落とし物で届いているとのことでした。数時間後にコンビニへ受け取りに行き、無事解決。コンビニの駐車場に落ちていたとのことで、届けてくれた優しい人に感謝です。デビット機能もついているので、悪用されなくて本当に良かったです…

2つの事件に共通する点


完全に不注意です。全て確認をおこなうことで、防げたことです。また、別のことに考え気を取られていたのも原因です。財布をなくしたときは、ゲームに気を取られていましたし、キャッシュカードを紛失したときは、目的地へ向かうのに急いでいていました。
人間別のことに集中していたり、急いでいたりすると周りが見えなくなるものです。冷静な方から見れば、普通そんなことないだろうと思うかもしれません。しかし当事者になった場合、冷静でいられるでしょうか? 周りに冷静な人がいた場合、「〇〇さん、財布忘れてるよ」と教えてもらえるかもしれませんが、1人だと財布に意識がいかず、忘れて帰ってしまうこともあります。

紛失してしまった場合の対処法

どんなに注意をしても、紛失してしまうことがあります。そんな時しっかり対処すれば見つかる可能性が高くなります。紛失してしまったときの対処法をまとめます。

紛失当時の行動を思い出す

財布など大事なものであれば、どこで最後に使用したかは思い出せるはずです。なくした日の行動を思い出しましょう。お店などで使用した場合は店舗に、落とし物として届いていないか連絡してください。親切な方が店員さんに届けてくれていることもあるので、意外とすぐに見つかることもあります。

クレジットカードやキャッシュカードの利用を止める

店舗になかった場合は、クレジットカードやキャッシュカードの利用を停止しましょう。キャッシュカードに関しては、暗証番号がわからないとお金を引き出せないので、すぐに悪用されることは少ないです。しかし、クレジットカードは簡単に使用することができるので悪用される可能性が高いです。365日24時間電話対応してくれるクレジットカード会社がほとんどなので、気づいた時点ですぐにカードを停止してください。

万が一悪用されても、クレジットカード会社の保険で保証されることが多いです。もし不正利用があった場合は、クレジットカード会社に相談してみてください。しかし、大前提として、カード裏面に署名がしてあることが必須です。意外と署名していない人が多いですが、カード裏の署名をおこなっていないと保証されないこともあるので必ずしてください。

警察に遺失届を出す


近くの警察署や交番で紛失届を出しましょう。警察に行けば用紙をもらえるので記述してください。名前や連絡先、紛失した場所など記述する必要があります。あと紛失した物の特徴はしっかり書いてください。また、紛失届を出すメリットとして、不正利用されたときに自分以外の人に悪用されたことを証明する証拠にもなります。なので、自分のために警察に行くことをおすすめします。

保険証や自動車免許証などの再発行手続きをおこなう


多くの人は財布の中に、保険証や免許証が一緒に入っているのではないでしょうか。免許証や保険証は利用停止手続きといったことはできないので、入っていた場合、再発行の手続きをおこなう必要があります。

保険証は、国民健康保険であれば各市区町村の役所で再発行の手続きをしてください。社会保険の場合は勤務先の会社へ連絡し、再発行手続きをおこなってもらいましょう。
自動車免許証の場合は、最寄りの運転免許センターや警察署で再発行手続きをおこなうことができます。

もし、個人情報が不正利用された場合は、警察に相談しましょう。悪用されキャッシングなどの被害にあっても、支払う義務はないので冷静に警察や消費者センターに相談してください。

各種カードの利用停止 & 再発行

各種ポイントカードも悪用されることがあるので、利用停止をおこなっておきましょう。TSUTAYAで勝手にレンタルされて、後日延滞の電話がかかってくるなんてこともあるかもしれません。なので、たかがポイントカードと思わず、利用停止・再発行は必ずおこないましょう。

忘れ物、落とし物をしないための対策

よく忘れ物や落とし物をする、自分が言うのもおかしいですが対策をいくつかこうじていきます。

物をしまう癖をつける

出したものは片付ける、掃除や整理整頓の基本です。忘れ物や落とし物の場合も同じで、使ったら片付ける癖をつければいいだけです。財布の場合だったら、使用したらバッグやポケットにしまう、キャッシュカードも使用したら、財布やカードケースにしまう。この簡単なようで、難しい癖をつけてしまえば忘れ物や落とし物をすることもなくなります。

心に余裕を持つ

忘れ物や落とし物をする人は、焦っていて心に余裕がないのではないのではないでしょうか。急いでいたり、イライラしていたり、不安があったりと余裕がない可能性があります。心に余裕を持った生活をすることで解消されるのではないでしょうか。時間にゆとりを持った生活を送れば大抵のことは解決できます。他人に腹を立てていたり、ゲームで負けてイライラしているなら一度手を止めてみましょう。心に余裕ができるはずです。また、友人と話をしたりすることで和み余裕が生まれるはずです。

考え方を変える


例えば、傘を持って帰るのを忘れたとします。朝は雨が降っていましたが、帰宅時は雨が降っていないので傘を使う必要もなく、取りに行きません。結果として傘を忘れたことすら、忘れてしまいます。これは「傘ぐらいどうでもいいや」と考えているからだからなのです。仮に傘が50万円ぐらいするものだったら、このような考えにはならないはずです。安いからどうでもいいではなく、物は価値は等しく同じなので、この価値観や考えを変えることが必要です。

紛失防止タグを使用する

最近は紛失防止タグというものがあります。これは財布などに紛失防止タグをつけておけば、スマートフォンなどで財布の場所がわかるというすぐれものです。物によってはGPSが内蔵されているものもあるので、落とした場所や盗難された場所などもわかります。また、財布が一定距離以上離れるとスマートフォンに通知してくれるので、忘れ物防止にもなります。

まとめ

日本は落とし物が見つかり、手元に帰ってくる確率が高い国です。なのでしっかり手続きをしておけば、あまり心配はいらないかもしれません。1番は落とし物をしないことなので、しっかり対策をおこないましょう。

MAMORIO 忘れ物防止タグ MAMORIO S ブラック MAMORIOSB&B

MAMORIO 忘れ物防止タグ MAMORIO S ブラック MAMORIOSB&B

3,284円(12/05 10:32時点)
Amazonの情報を掲載しています
Tile Mate Key/Wallet/Item Finder, 1-pack

Tile Mate Key/Wallet/Item Finder, 1-pack

1,380円(12/05 10:32時点)
Amazonの情報を掲載しています
最新情報をチェックしよう!