【ネタバレ注意】来場特典「青春ブタ野郎はホワイトクリスマスの夢を見る」の感想

  • 2019年6月23日
  • 2019年9月24日
  • 感想
  • 3509view

劇場版の来場特典「青春ブタ野郎はホワイトクリスマスの夢を見る」を読み終えたので感想をまとめていきます。全57ページとボリュームは意外とありました。

青ブタ劇場版感想はこちら

劇場版青ブタの感想

劇場版「青春ブタ野郎ゆめみる少女の夢を見ない」の舞台挨拶&本編感想をネタバレありでまとめていきます。本編や原作を読んだことない方はネタバレに注意してください。青ブタ原作感想まとめはこちら[sitecard subtitle=青ブ[…]




あらすじ

ずっと、大事なことを忘れている気がしていた。
それがとても大事なものだとわかっている。
わからないけど、わかっている。
いつかわかるだろうと思って日々を過ごし
今年もクリスマスがやってきた。

本編感想

内容は映画、原作の花マルをつけて、やり直した世界のお話。映画や原作では語られなかった平和なクリスマスのお話です。

それぞれのクリスマス

正直、映画や原作のせいで誰も楽しいクリスマスを過ごせていないイメージですが、特典小説ではそれぞれクリスマスを過ごしていることに感動します。

花楓は同じようにおばあちゃんの家に行っていますが、今後の練習のことなど8巻への伏線や兄のことを気遣っていたりといい子ですね。

もちろん本編MVPの古賀も登場します。いつもと同じ咲太とのやり取りは相変わらずおもしろいですね。彼女のクリスマスは家族、友人と過ごすそうでなんとも古賀らしい。
それを聞いた咲太の心情がなんともね… 9巻読んでると咲太の闇に気づけますね。

個人的に一番の衝撃は双葉のクリスマスですね。双葉のクリスマスの予定は両親との食事です。彼女の両親がまさかそんな時間を取るとは思ってなかったので驚きです。
もしかしたら、本編でも予定はあったのかもしれませんが、咲太が事件に巻き込まれるのがわかっていたので予定をキャンセルしていたのかもしれませんが。

麻衣さんとクリスマスデート

そしてメインヒロイン麻衣さんとのデートです。
映画、原作ではできなかった水族館デートがついにおこなわれます!

咲太が待ち合わせの駅に着くと、そこには変装した麻衣さんがいます。(表紙画像)
彼女は普通に咲太が変装に気づいたことに不満を持ちつつ、服装の感想を求めますが、スカートじゃなくてガッカリだと咲太らしい感想を返すのでした。

「さすが梓川、ブタ野郎だね」と聞こえてきそうなやり取りに、こんな平和なクリスマスできてよかったねとちょっと感動します。

 

水族館へ向かう道中、赤色の傘を持った中学生とすれ違います。その子は両親と楽しそうに笑いながら横を過ぎていくのでした。咲太は体が勝手に反応して振り返りますが、既に赤い傘の子は見えなくなってしまいました。
理由のわからない気持ち、咲太が赤い傘の子のことを考えていると、突然頬を引っ張られます。麻衣がやきもちを焼いているのでした。

記憶がなくても、どこかで牧之原さんって気づく咲太はさすがだなと思います。そしてこのとき翔子はどんな気持ちで横を通り過ぎたのか、個人的に気になりますね。
原作8巻で、翔子は全ての未来の記憶があると言っているので、このすれ違いも特別な感情はあったと思います。

 

水族館デートの後、江ノ島のイルミネーション見に行くことになります。
江ノ島に向かう途中、イルミネーションとは違う光が目に止まります。そこにはパトカーと事故車両が止まっているのでした。

事故があったみたいと麻衣がSNSにあがった写真を見せてくれます。
その瞬間、咲太は妙な感覚に囚われます。感情が一瞬でざわつき、強烈な痛みを含んだ喪失感、泣き叫びたいほどの悲しみが体を支配していきます。

 

――咲太君!

青春ブタ野郎はホワイトクリスマスの夢を見るより

 

誰かからそう呼ばれた気がして、顔をあげると目の前に麻衣がいます。
今ここに麻衣がいる、それがただうれしくて、咲太の目から涙が流れていくのでした。
戸惑いつつも、やさしい声を麻衣はかけ、咲太も自分の涙があたたかいことに気づきます。そして麻衣を感じられる、そんな当たり前の事実に、心が満たされていくのでした。

 

落ち着きを取り戻した頃、麻衣のスマホが着信で震えます。
豊浜からの電話で、クリスマスイベントが終わり今から帰るから、麻衣とイチャイチャするなよと電話がかかってくるのでした。

電話の後、二人はケーキを買って帰ることにします。
麻衣は咲太の手を取り、引っ張るように歩き出します。咲太は「麻衣さん」と声をかけ麻衣も笑顔で笑います。

咲太はなにか大事なことを忘れているような気がするような感じがしますが、今はまだこのままで良いと思えるのでした。

彼女の笑顔が、ぬくもりが、何気ない日常の中に大事な人がいるから。
それを忘れなければ、いつの日かこの胸のあたたかさにもたどり着ける気がするのでした。

 

幸せな世界にたどり着いたからこそ、優しいあたたかさを感じることができ、いい話でした。翔子のことはまだ思い出せていませんが、この後思い出すと思うと、なんだか感慨深いです。そしてこの特典を読んで思ったのは

 

ちっちゃい幸せを幸せだって思えることが、実は一番幸せなことなんですよ

青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ないより

 

まさにこの通りで、青ブタの小さくて優しい世界の魅力が、短い中に凝縮されていました。正直、特典にしておくのはもったいないぐらいの内容ですね。

まとめ

特典小説が読み終わり、再びアニメをU-NEXTで見直しています。もう一度見ると伏線に気づいたり、原作との相違に気づいたりと違った見方ができて楽しいです。そしてアニメの後に原作を再び読んで、映画をもう一度見る予定です。

映画は絶賛公開中です。気になった方はアニメや原作を見て、劇場へ向かってみてください。

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない (電撃文庫)

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない (電撃文庫)

鴨志田一
693円(11/13 19:33時点)
発売日: 2016/06/10
Amazonの情報を掲載しています
青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない (電撃文庫)

青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない (電撃文庫)

鴨志田 一
702円(11/13 19:33時点)
発売日: 2016/10/08
Amazonの情報を掲載しています
最新情報をチェックしよう!