【ネタバレ注意】五等分の花嫁 10巻を読んだ感想

  • 2019年6月18日
  • 2019年6月18日
  • 感想
  • 3148view

6月17日に発売した「五等分の花嫁 10巻(電子書籍版)」を読み終えたので感想をまとめていきます。今回は修学旅行編で姉妹戦争が勃発しています。

1~9巻のまとめはこちら

五等分の花嫁

知人の紹介で2019年にアニメ化もした「五等分の花嫁」の原作コミックを今更ながら読みました。アニメは見たことないのですが、原作にはすっかりハマってしまったので、今回はネタバレ有りでまとめていきます。(adsbygoogl[…]




あらすじ

風太郎は見事全国模試で全国第3位の成績を収め、中野家父から再び家庭教師として就任の依頼が来ます。
そんな中、五つ子たちは風太郎との仲を進展させるために動き始めます。
5人の思惑が交差する、修学旅行編「シスターズウォー」開戦!!

開戦! シスターズウォー

10巻はサブタイトルが全て「シスターズウォー」ということで姉妹戦争が勃発しています。結構ギスギス展開もあって胃が痛いです。

風太郎争奪戦

修学旅行といえば班行動です。一花、二乃、三玖はそれぞれの思惑のため、風太郎と同じ班になりたいと思っています。中でも三玖は当日のお昼に風太郎に手作りパンを渡すため、今まで努力してきました。その努力を知る四葉は風太郎と同じ班になれるよう、三玖に協力をするのでした。

しかし、一花にも風太郎と同じ班になれるよう協力をしてほしいとお願いされてしまいます。

勉強会中にどうするべきかと悩む四葉ですが、三玖が話を切り出します。
それに合わせて一花も四葉が話したいことがあると言います。
困った四葉は、全員で同じ班になることで、解決を図りますが1班の定員は5人まで。
そこで四葉は自分以外が同じ班になれば解決だと笑顔で言います。

しかし、二乃はそんな事は望んでいないと言い、風太郎と2人の班を組むと言います。
一花、三玖は焦りだすものの、対抗することができません。しかし、風太郎はすでにクラスの男子と班を組んだと言い、五つ子のギスギスした班ができるのでした。

零奈の再登場

風太郎は修学旅行の買い出しに妹の”らいは”と出かけます。買い出しの中で”らいは”が、五つ子の誕生日が過ぎてるけど誕生日のお返しはしたのかと問われます。
そもそも誕生日を知らない風太郎はどうすればいいか、たまたま近くにいた四葉と五月に聞きます。
何を渡すべきか悩んで、五月を追い回したりした後、四葉と京都の話になります。
その中で”らいは”が四葉に風太郎の初恋の話をすべてしまい、何故か満更でもない四葉なのでした。そして”らいは”のお腹がなったので、ごまかすように四葉はらいはと食べ物を買いに行くのでした。

 

2人がいなくなった後に零奈が現れます。
彼女は君に会いたくて来たと言いますが、風太郎はいつもあっているだろうと返すのでした。風太郎はすでに五つ子の誰かだと言うのは気づいて、さっさと正体を教えろと言います。
そして

「誰が 誰とか… 誰のフリした誰とか… もうたくさんだ
楽しい修学旅行にケチつけんな」

五等分の花嫁 10巻より

 

いやー、意外に楽しみにしてる風太郎の姿に、昔とは変わったんだなと思いましたね。

追い返された零奈こと五月は修学旅行当日、目的のため行動に出るのでした。

修学旅行 1日目

移動の新幹線で五つ子はトランプで遊んでいますが、勝った人が好きな命令を出来るというルールが加わり、ただのトランプとは思えない雰囲気に。

京都に到着後、五つ子班は風太郎を追って行きます。途中山頂に向けた道が2つに別れます。
そこでトランプで勝利した四葉は二組に分かれるように命令します。四葉、三玖班と一花、二乃、五月班に別れ頂上を目指すのでした。
一花、二乃、五月班は途中トイレ休憩をするのですが… その隙きに一花は三玖に変装し一人で頂上を目指します。
一方、四葉、三玖班も頂上を目指しています。四葉に背負ってもらいなんとか、頂上につきますが… そこにいたのは風太郎ではなく、三玖に変装した一花がいるのでした。

三玖はどうして変装しているかを聞きますが答えられず…
四葉が変わりに口にします。一花は三玖の告白を邪魔しようとしていると。その瞬間、風太郎も頂上に着くのでした。

 

三玖はその場から逃げ出してしまいます。遅れて到着した二乃、五月は三玖とすれ違い、二乃は一花の持っていたヘッドホンを見て一花を叱咤します。
一花は二乃がやっていることと何が違うのかと。

二乃は違わないけど、それと同じぐらい5人の絆も大切だと答えるのでした。
そしてケンカを止めに来た風太郎に三玖を追うように指示します。

三玖を追う風太郎は、同じく彼女の後を追いかけていた四葉とバスに乗ります。
そこで風太郎は先程のことを誤魔化すのですが、最終的には聞こえたことを認めます。
しかし、それより以前から三玖が好意を抱いていてくれたことには気づいていたと言うのでした。

 

ホテルに戻った二乃は盗撮犯に追われていると言い出します。
そしてシャッター音が響きやっぱりと振り向くと… インスタ用の写真を撮っているクラスメイトがいるのでした。

そんなことよりもと一花と三玖の心配をする四葉と五月。
そして四葉は三玖の様子を見てくるといいますが、二乃はもうすぐ食べ終わるから、みんなで一緒に行こうと言うのでした。

部屋に行き、三玖、一花に声をかけますが返事がありません。心配する3人ですが後ろから聞こえるシャッター音に疑問を持ち振り返ると… インスタントカメラで盗撮されているのでした。

悲鳴をあげる3人の声を聞いた風太郎と一花は廊下でばったり会います。
一方3人は逃げ切ります。いきなりの悲鳴に心配した三玖から電話がかかってき

五等分の花嫁 10巻より

一花は風太郎に、二乃は三玖に「話したいことがあるんだけど」と伝えるのでした。

修学旅行 2日目

翌日、五つ子の班は四葉と五月しかいません。一花と二乃は1年の頃の友達と、三玖は体調不良でホテルに残っているのでした。そんなことは知らない風太郎は三玖を探して四葉たちのもとへ来ます。
そこで五月も行動を起こします。彼女は過去のことを思い出してほしいと大胆な行動を取ったり、写真の子と同じ行動を取るのでした。

 

その頃ホテルでは二乃と三玖が対峙しています。
三玖は慰めならいらないと言いますが、そんなことするわけないと言い、風太郎は私がもらうと宣言します。そして自分が一番彼を好きだと言うのでした。
それでも三玖は諦めたくないといいますが、怖い… 公平に戦うことがこんなにも怖いと思わなかったと言います。
そして彼女は一花のような社交性もないし、二乃のような可愛さも無いと言います。
しかし、二乃は「五つ子よ。あんたも可愛いにきまってるじゃん!」と励ますのでした。

 

一方一花は仕掛けます。再び三玖に変装して風太郎を連れ出すのでした。

道中思い出話をする一花ですが、風太郎にもういいと言われ、変装した一花だとバレてしまいます。そしてなぜ嘘をついたと訪ねます。

五等分の花嫁 10巻より

しかし一花は六年前に会っていると、それは嘘じゃないから信じてほしいと言いますが、今のお前は信じられないと言われてしまうのでした。

ホテルに戻った後、五つ子の部屋に点呼をしに来た風太郎が来ます。ギスギスした雰囲気に、まだもめているなら俺に話せと提案しますが、心配をかけまいと風太郎を追い返します。

このままでは誰の目的が叶うことはありません。
最終日、コース別体験学習は5つのメニューから1つのカリキュラムを選ぶのですが、最後は誰が風太郎と同じカリキュラム選べるか運に任せようと一花が言うのでした。

修学旅行 最終日

迎えた修学旅行最終日。風太郎はEコースを選び、同じコースになったのは三玖でした。
実は直前に一花からDコースと交換してほしいと言われ、交換していたのでした。
気まずい三玖は風太郎の前から逃げ出しますが、「戦国武将の着付け体験」に足を止めてしまいます。

そして前田と武田も着付け体験をするということで、流れで三玖も着付け体験することになります。気まずい雰囲気の中、二人がいないことに気づき、風太郎たちは探しに向かいます。

探す中でいつもの雰囲気を取り戻していき、観光も楽しむ余裕ができます。途中、池に落とされたりとハプニングもあり、少し休憩することになります。

そして最後にフータローと過ごせてよかったと三玖は伝えます。さらに初日になくしたパンがあることに驚き、風太郎も腹が減っているからもらうと食べてしまいます。

「うまい
お前の努力 それだけは味わえた
頑張ったな」

五等分の花嫁 10巻より

 

三玖も頑張ったんだよというのでした。
そしてフータローことをもっと知りたい、そして自分のことも知ってほしいと言います。
順番に好きなものを指さしていき、最後に…

 

五等分の花嫁 10巻より

エキシビションマッチ

三玖の告白の裏で、姉妹たちも彼女をサポートしていました。
着付け体験に誘導したり、池に落としたり、下着やパンを持っていったりと姉妹のおかげで三玖の告白がおこなわれていたのです。

 

告白した直後、三玖はやっぱり家族の皆が好きと言います。三玖も姉妹が隠れていることを知っていたのでした。そして風太郎に「自意識過剰くん」と告白を誤魔化すのでした。

風太郎が去った後、三玖はサポートしてくれた姉妹ににお礼を言い、一花は三玖に誤り、わだかまりがとけるのでした。

 

一花は風太郎にも謝りに行きます。そして風太郎も言い過ぎたと誤ります。
風太郎に一花は文句を言い続け、風太郎も誤り続けますが、最後に…

「全部 嘘だよ」

五等分の花嫁 10巻より

と頬にキスをされてしまうのでした。

3日間の修学旅行も終わり、バスの車内では盗撮の話題になります。
実は犯人は前田で風太郎に頼まれて、五つ子の写真を撮っていたのでした。
そんなことを知らない五つ子は疲れて寝てしまいます。風太郎は最後にその姿をインスタントカメラに収めるのでした。

 

後日、再び現れた零奈に1冊の本を渡します。それは誕生日のお返しとして、修学旅行の写真を収めたアルバムでした。

そして彼女にお礼を言います。六年前に零奈と会わなければ、今の自分はいなかったと。
今回の京都がいい思い出になることもなかったかもしれないと。

風太郎が去った後、零奈に変装した五月は、その場にいた四葉に言います。

「六年前 本当にあった子はあなただったと」

五等分の花嫁 10巻より

しかし彼女は、これでいいんだと答えるのでした。

感想

修学旅行は予想していたよりも内容濃すぎて、あっという間に読み終えてしまいましたね。
物語も大きく動きますが、風太郎は鈍感主人公じゃないとわかったのが嬉しかったですね。
一花の変装にも気づいているし、三玖から好意を寄せられていることも、しっかり気づいてる点が非常に評価できます。

そして二乃が良いやつすぎる。二乃好きの自分としては、惚れ直しましたね。
それだけに株が上がりすぎて、花嫁じゃなそうな気もしますが…

ついに三玖が告白したのもよかった!
最終的には誤魔化しましたが、風太郎も気づいているので今後の関わり方が関わってきそうな気がしますね。

最後の最後に投げられる爆弾、写真の子は四葉だったという事実。
次巻への引きとしては最高ですね。四葉は今までどんな気持ちで風太郎と接してきたのかも気になりますし、四葉は今まで何度も闇の深そうな表情をしてきていたので、一気に伏線が回収されそうですね。

まとめ

修学旅行で風太郎と五つ子の関係が進んだ10巻でした。
次巻は過去編で、四葉の闇が暴かれそうで怖いですが楽しみですね。

アニメ2期も決まりますます勢いを増す「五等分の花嫁」ですが、まだ読んだことがない方は一度読んでみてはいかがでしょうか。

五等分の花嫁(10) (講談社コミックス)

五等分の花嫁(10) (講談社コミックス)

春場 ねぎ
106円(11/14 05:54時点)
発売日: 2019/06/17
Amazonの情報を掲載しています
最新情報をチェックしよう!