異能系ギャルゲー「ALIA’s CARNIVAL! サクラメント」をプレイした感想

  • 2019年4月9日
  • 2019年6月10日
  • ゲーム
  • 712view

今回PSVitaで発売されたALIA’s CARNIVAL! サクラメントをプレイしたのでその感想をまとめます。
3月にはFDの内容が追加されたPS4版ALIA’s CARNIVAL! サクラメントプラスも発売しています。



ALIA’s CARNIVAL!(アリアズカーニバル)とは

「ALIA’s CARNIVAL!(アリアズカーニバル)」はPCゲームメーカーNanaWindより2014年に発売されたゲームです。

2015年5月にはFDの「ALIA’s CARNIVAL! Flowering Sky」が発売され、同年10月にはPS Vitaの移植版「ALIA’s CARNIVAL! サクラメント」が発売されました。
そして2019年3月にはFDの内容が追加された、PS4版「ALIA’s CARNIVAL! サクラメントプラス」も発売しています。

あらすじ

都市近郊にある、桜の名所として有名な土地「 桜雲(さくも) 区」。 近年、区内の再開発が進み、
“学生生活の改善は、生徒自身によってなされるもの”
という実験的な教育制度を導入した、生徒による自治を理念とする
「 桜雲台(さくもだい) 学院」が創設された。
そこでは、技術や能力のある生徒たちが日々勉強に励んでいて、
その成果に応じて学習環境の改善など様々な恩恵を受ける事ができるという。
さらに、トップの成績優秀者には特権が与えられるらしい。

──季節は移り変わり春。
主人公、 才城 蓮(さいじょう れん) は、長い間この桜雲区を離れていたが、
学院に転入するため久しぶりに地元へと戻ってきた。
再会を喜んではにかむ妹に、見ちがえるほど綺麗になった幼なじみ。
それをはやし立てる花咲く桜の木々たち。
そんな光景とは裏腹に入学早々、生徒同士のトラブルに巻き込まれてしまう。
偶然そこにいあわせた蓮は、一人の女の子を助ける事に。すると、

「あなた、私の部に入らない? そしてALIAを目指して、
学院(ここ) を変えましょう!」

その女の子はそう言って、蓮を自分の所属するクラブへ勧誘する。

「ALIAを目指す? 学院を変える?」
突然の出来事にとまどいながらも、蓮はこれから始まるであろう慌ただしくも楽しい学院生活の予感に胸を躍らせるのだった。

HPより:http://dramaticcreate.com/aliascarnival/story.html

本編感想

自分のプレイ順は弓→椎名→かりん→月詠→明日葉→七菜で進めました。
弓、椎名、椎名、七菜は好きな順番でプレイすればいいと思いますが、月詠→明日葉は最後に持ってきたほうが面白いです。

共通ルート

全体のストーリー構成としては、1本道のストーリーで、明日葉ルートに向かって進行していき、途中の選択肢で各ヒロインへ分岐する形です。

七菜を除くヒロインは、主人公の才城蓮が桜雲台学院に転入し、アス研(明日は未来の風が吹く研究会)に入り、各ヒロイン分岐までが共通だと認識しています。

共通は異能の力「アーケン」を使用し、部活間で「ALIA’s CARNIVAL!(ALIA戦)」をおこない「AP」を稼いで「ALIA」を目指す話。
正直、この字面を見て理解できる人はあまりいないと思いますが、本編では各用語の解説があります。

設定がしっかりしていて難しそうなのですが、実際にプレイすると設定に関しては軽めに扱われているので、異能の力より学校生活や部活の話がメインなのかなと感じました。
それだけにアーケン関係の謎がもう少し明かされてもいいのではとも思ったのですが。

部活対抗の「ALIA戦」に関しては、熱い展開が多いく、仲間との絆も感じられて「ALIA戦」は個人的に好きです。
こういうゲームの戦闘はつまらなくて読めないものも多いですが、自分は違和感なく読むことができました。

逢坂明日葉ルート


目的のALIAを一直線に目指し、黒幕が唯一出てくるルートです。

逢坂明日葉はアス研の部長で学園長の孫ですが、トラブルメーカーのなことからと「天災少女」呼ばれてしまっています。
明日葉の性格は猪突猛進で後先考えず行動しているので、主人公を含むアス研のメンバーは彼女に振り回されています。
かと思うと割と部員からイジられるキャラなので、そこがいい!
個人的にはイジられているときが一番輝いて見えます。
あと、かわいいものには目がないのもいいですね。
アーケンの能力は「火」で彼女はLv3の能力を使用することができます。

個人的に明日葉ルートの最大の見せ場は、月詠との和解ですね。

 

ALIAになるための最終決戦は月詠の風紀監査委員会との戦い。
アス研部員の協力もあり、明日葉、蓮ペアは月詠もとにたどり着くことができます。
Lv3の能力、「灼熱覇(ロードオブヴァーミリオン)」で月詠に対して優勢にことを進めますが、明日葉ルートのみで使用される、月詠のLv3の能力「絶対零度(アブソリュートZERO)」戦況が激変。
まさかの月詠のLv3の能力に、最大のピンチが訪れます。

不意に蓮の意識は「本棚の空」へ持っていかれ、ピンチを打破するための最適解を見つけます。

明日葉と2人で
”可能性の力”で不可能を可能にする”未来の力”で
「絶対零度(アブソリュートZERO)」を打ち破ります。

月詠は「絶対零度(アブソリュートZERO)」を打ち破られたことで、戦う力はもう残っていません。
しかし、今まですがってきた信念と気力だけで、抗うことをやめません。
そんな月詠に明日葉1歩1歩近づいていきます。氷のような言葉を投げられようとも気にせず。

そして、明日葉は月詠を優しく抱きしめます。

もう……終わりにしましょう
ごめんね、月詠……あなたにはこんなにも辛い役目を負わせてしまった
あなたが思う理想のために、ずっと、ずっと一人で戦ってきたのね……
私の弱さも、みんなの弱さも……先輩のことも……
全部、あなたが背負ってくれていたのね
でももうそれはいいの。あなたは十分戦ったわ
遅くなってごめんね。これからは全て、私が背負ってあげるから

事件のことも、風紀監査のことも全て。だからね
こんなことは、もう終わり

それに対して、月詠も

本当は明日葉と一緒にALIAになりたかったと。
だから頑張って、私は理想の学園を目指していたと。

明日葉に伝えます。

それに対し

月詠は十分ことを成し遂げた、こんなに立派な風紀監査委員を作り上げたのだから
先輩も喜んでいると。
だからもう休んで良いんだと、後のことは任せてくれと
明日葉が目指したのは、部が違っても、組織の中でも外でも人と人が付き合っていける
私が目指しているのは、そういう学院だから
いつか話した、理想の学院を… 二人で目指しましょう!

ここで泣きじゃくる月詠は印象的でした。
彼女が背負っていたものが、どれだけ大きかったのかがわかります。

そして月詠はリタイアし、アス研はALIAになるのでした。

迎えたALIA宣言式当日、明日葉は自分の理想の学院を目指すため、宣言するのでした。

 

ということでEDが流れ始め、正直「え、終わり!?」て感じでしたがED後にしっかりと物語は続きます。

蓮だけはALIA戦の裏で暗躍している人物を調査しており、宣言式の当日に一人で黒幕のもとに向かいます。
そこにいたのは蓮の転入手続きをしてくれた、行方先生でした。
彼はアーケン(異能)のない世界にするために行動していたと告白します。
そのためには膨大な「AP」が必要で、ALIA宣言式と明日葉の命を利用して、ゲートを出現させることが目的でした。
明日葉救うため行方と戦いますが、銃で撃たれ意識が朦朧とする中、またしても本棚の空へ意識が持っていかれます。

本棚の空で蓮は自分の父親と会います。そこで「本棚の空」は蓮が元々持っていた能力で、悠久の場所へアクセスする力だったと父親は語ります。
そして能力が開放された蓮は、アーケンLv3の能力「すべてを見通す悪魔の目(ラプラス・アイズ)」が覚醒します。
能力を使用したときの、行方の反応的に神無月先輩も同じ能力を使えたみたいですね。
行方と決着のあと、明日葉救うためアーケンの力を使いゲートに飛び込む蓮。
ゲートで見つけた彼女を救う手は、彼女と出会わないこと。
彼女と出会い、助けたことで彼女はALIAになってしまった。その選択は蓮とっては残酷な現実。
しかし、彼はそれを受け入れ、明日葉と出会わない未来を受け入れます。

そして明日葉が救われた世界が出来上がり、新しい世界で明日葉もALIAになるのでした。
明日葉はALIAになったのに、なにか大切なことを忘れていると空虚感を感じます。
そんなときメールが届きます。
ただ一言

「ただいま」

と書かれた一文。明日葉走り出し蓮と再開し終わります。

明日葉 感想

王道かつ熱い展開が多いのが明日葉ルートです。黒幕の正体もわかるし月詠ともしっかり和解します。
各ヒロインとALIA戦でコンビを組みますが、やっぱり明日葉の安定感は違いますね。
お互いのことを信じあってるのがよくわかります。
あと明日葉のプライベートがわかるのもこのルートだけ。他のヒロインは各ルートでもプライベートがある程度わかりますが、明日葉だけはここでしか見せない一面が多いので、他のルートの明日葉とはイメージが変わるかも。

桜小路月詠ルート


風紀監査委員会の代表をしている彼女は、綺麗な金髪で目立つため「深窓の姫」と学院内でも呼ばれています。ちなみに父親が学院の設計に関わっていて、お金持ちのお嬢様だとか。
真面目な性格で、なんでも完璧にこなせる彼女ですが、料理のが全く出来なかったり、世間知らずだったりとします。
アーケンの能力は「氷」で対象を氷漬けにしたりできます。

 

月詠ルートでは、蓮がアス研を退部し、風紀監査委員会に入ることになります。
前半は初々しくて、ニヤニヤさせてくれる展開が多いです。他のルートではお硬いイメージの月詠ですが、彼女のルートでは可愛い一面を多く見せてくれます。
真面目な月詠が、だんだんデレていく過程はニヤニヤでき、助けた猫を飼うためにすずりを説得したりする姿は、普段の凛とした月詠の印象とは全く違いギャップ萌えします。

後半は元風紀監査委員会会長の神無月祥子が起こした「神無月事件」の真相が語られます。
そして月詠と明日葉が1年生の頃の話、明日葉が風紀監査委員を辞めた理由も少し語られます。

神無月事件の謎を追い、図書塔で調べる月詠と蓮ですが、「グロウリアの書」のことを知ってからは、あまり手がかりをつかめない日が続きます。行き詰まった2人は図書塔の庭園で休憩することに。
その前にと月詠は蓮に声をかけ、祥子との思い出の恋愛小説を手に取り庭園へ向かいます。

庭園で思い出話をする月詠。念の為恋愛小説も、祥子のメモが挟まれていないか確認すると、小説には月詠へのメッセージが記されたメモが挟まっていました。
かがりへの、月詠への、風紀監査委員への謝罪や後悔。
いつか事件のことを話せる日が来たら、かがりや月詠、明日葉に謝り、感謝の言葉を伝えたいと綴られていたのでした。

その手紙を見た月詠はすずりや蓮、風紀監査委員の仲間がいるから「私は大丈夫」だとつぶやき、蓮に自分のことを助けて欲しいとお願いします。

帰宅後、月詠の父が持っていた設計図を見、地下へと続く階段を見つけます。
翌日の放課後、設計図を頼りに図書塔で地下への階段を見つけ、奥へ進むと、真っ白な空間に本棚が浮かんだ不思議な場所にたどり着きます。

ひとまず2人は「グロウリアの書」を探します。
そこに月詠が助けた、ふてぶてしい猫がやってきて「グロウリアの書」の場所を教えます。
猫は書に秘められた力がほしいかと問います。しかし2人は祥子のことが知りたかっただけなので力は必要ないと伝えます。
しかし、そこに「グロウリアの書」の力を狙う組織の人間がやってきて、力ずくで奪おうとしてきます。
蓮と月詠は応戦しますが、学生がかなうわけもなくやられてしまいます。
追い詰められた蓮は月詠を守るため「グロウリアの書」の力を求め契約を交わします。

月詠を守るため力を使いますが、「グロウリアの書」の力を制御できず暴走状態になってしまい、相手に対してひたすら拳を振り下ろす蓮。
彼の暴走を止めるため月詠は叫びます。
そして、守られたいんじゃないと、一緒に歩いて行きたいのだと伝えます。
その言葉を聞いた蓮は一瞬正気を取り戻し、アーケンの力で「グロウリアの書」の干渉を断ち切ります。

月詠は正気を取り戻した蓮に、もうどこにも行かないで欲しいと伝え、祥子や明日葉が居なくなるときに、止めることが出来ていたら、違った未来があったかもしれないとつぶやきます。
だから、今回はしっかりと伝えて自分たちで未来を切り開くと、だから蓮に助けてほしいと、月詠と蓮が望む未来にするために。

数日後、蓮のケガも治り本格的に風紀監査の活動を再開します。そこに明日葉も来て、次こそは決着をつけて、理想の学院を築いて見せると宣言し、月詠も理想の風紀監査委員を学院を見せると約束するのでした。

そして、祥子先輩に笑われないよな、みんなから慕われる風紀監査委員会の代表になると、そのために蓮と一緒に歩んでいくのでした。

月詠 感想

月詠かわいいなルートでした。
明日葉ルートの前にプレイしたのですが、逆でも違った視点から見れたと思います。
神無月祥子やグロウリアの書の詳しい話が個人的にはもっと見たかったかな。伏線丸投げで終った感が個人的にあったので。
あと委員長、会長、代表と表記ゆれが多くて結局どれが、正式な役職なんだろうと今でも思っています。

篠ノ森弓ルート


弓はアス研のムードメーカーです。いたずら好きですが、しっかり気遣いもでき、いつも部が良くなるよう立ち回ってくれています。
天深という喫茶店でもバイトをしていて、そこではチャイナドレスを着てバイトをしています。
アス研のALIA戦の衣装は全て弓が作っていたりと女子力もかなたり高いです。

明るく元気な少女ですが、おばけが苦手だったりと可愛いらし一面もあります。
アーケンの能力は「風」で、蓮の能力を使用することで空を飛ぶことができ、アス研の主力です。

個人的には全ヒロインの中で1番弓さんが好きですね。

 

このルートでは「裂け目」との戦いが見どころだと思います。
前半は結構イチャイチャ系シナリオですね。ナイトレインボーを追ったり、お化け屋敷でお化け相手にアーケンを使用する弓さんを眺めたりとかわいいです。
中でも神社には思い入れがあり、そこで思い出を語る弓はきらきらしていました。

後半はアス研に来た、ある依頼の解決を図ります。
内容は「僕の思い出の場所を見つけて欲しい」との依頼でした。
資料として絵が添付されているのですが、弓は自分はその場所を知っていると言い、蓮ともに行動することになります。
弓と蓮はその建物を探すため、街で散策や聞き込みをしますが有力な情報はつかめません。
そこにナイトレインボーがまたしても現れ、アーケンを使用し虹の根本へ行くと、そこには目的の建物がありました。
とりあえず建物が存在するのがわかったから、引き返そうと提案する蓮。
しかし目の前に、謎の裂け目が現れます。
蓮は嫌な予感がし、アーケンの能力を前面に展開させます。それと同時に裂け目から光が溢れ出しますが、なんとか弓だけは守り気を失うのでした。

目覚めるとそこは、見慣れた自室でした。目覚めた蓮のもとに桜子と弓がやってきて、あの裂け目の正体を桜子が話し、この件には関わることを禁止すると言われます。
そして、次に裂け目が現れると予想されている場所は、弓の思い出の神社だということも発覚します。

悩む弓はALIA戦にも集中できず負けてしまいます。しかし負けたことにより、強豪部からのマークが無くなり楽になったと喜ぶアス研メンバー。
喜ぶメンバーとは裏腹に、蓮は次のALIA戦を弓と欠席させて欲しいと申し出ます。蓮は次のALIA戦が開催されれば弓の思い出の場所がなくなってしまうと知っていたから。
その言葉にアス研メンバーは困惑。明日葉はしっかりと説明して欲しいと言いますが、説明できない2人を見てデートでもするの?と投げかけます。
答えられない弓に明日葉は3つだけ質問をします。

 

アス研より大事なことなのか。
それは今じゃなきゃダメなのか
アス研は好きか?

 

それに対し弓は

 

優先順位はつけられない、どっちも大事
うん
すき

 

と答えるのでした。

その答えを聞いた明日葉は弓に、出て行ってと伝え、退部届も出しておくと言ってきます。
フォローに入ろうとする蓮ですが、弓に止められ別れの挨拶を済ませ出ていきます。
そして蓮も退部だと明日葉は伝えるのでした。

2人が居なくなった部室では、椎名が明日葉にこれでいいのと聞きます。
明日葉は、弓は私の親友だと、そんな彼女が「どっちも大事」といったのだから、アス研と比べるぐらいのことだから、余程の事情があるのだと明日葉はわかっていたのでした。

蓮は弓を追いかけ校門で捕まえます。そして河原で2人で話します。
弓も明日葉のことがわかっているので、自由になれと背中を押してくれたのだと気づいています。
そして明日葉も蓮も頭がいいのに不器用だと言うのでした。

 

その日は神社に泊まり、翌日の裂け目との戦いに備えます。
裂け目が現れ襲われますが、蓮のアーケンの能力で裂け目が消えます。
そこに桜子がやってきて、なにがあったのか聞きます。そして裂け目が消えたことを知った桜子は調査を開始しますが、新たな裂け目が現れ調査団は負傷。
これ以上は調査できないと判断した桜子は撤収を言い渡します。そして蓮に保護者としては一緒に逃げなさいと言うべきだが、2人の気持ちを組んで白幸桜子として

「任せたわよ、未来を! でも、絶対に無事で戻ってくること!」

と言い弓を連れて逃げようとしますが、彼女は拒否し蓮と一緒に戦います。

好調に戦いますが、裂け目の攻撃が桜子を狙います。
ダメかと思ったその時、明日葉が現れ桜子を守ります。
さらに他のアス研メンバーもやってきて、親友と彼氏が困っているならALIA戦やってる場合じゃないと言います。
その答えに蓮は、彼氏ってことはおれは友達じゃないのかと聞き、
友達になるにはアス研の永久入部が条件だと、あと退部届は燃やしたと明日葉らしい答えを返されます。
アス研メンバーの協力のおかげで、なんとか裂け目を撃退し思い出の場所は守られたのでした。

後日、無事思い出の神社で縁日デートを楽しむ2人がいるのでした。

弓 感想

弓さんが一番可愛いですよね! というのはさておき内容としてもイチャラブありのSF要素ありで一番青春しているんじゃないかなと思います。目的も明確で、悠久の場所が出てこないのでわかりやすいシナリオです。
最後の裂け目との戦いはもっと大人頑張れとか、自我持つんかよとかは思いましたが、弓さんがハッピーならどうでもいいかな。(好き補正)

朝宮椎名ルート


彼女は蓮と妹かりんとは幼馴染。天然ドジっ子ぽわぽわ少女で、見ているこちらも癒やされる存在です。
基本のんびりとしていますが、成績は学院トップクラスの実力で某有名大学を目指しているほど。
親が洋菓子屋をやっている影響か、お菓子作りが大の得意で、月詠もそのお菓子の虜になりアス研に情報を渡してしまうほどです。しかし料理の腕は… 残念で砂糖と塩を間違えるドジっ子ぶりを発揮してくれます。
アーケンの能力は「水」、アス研では主に後方支援として活躍しています。

 

椎名ルートは、引っ越し前の蓮との思い出がメインのストーリーになります。
蓮が引っ越す前に椎名は彼と会う約束をしていましたが、守れず蓮に会えなかったことが、彼女の中で後悔として残ってしまいます。
蓮と付き合い始めて幸せそうな椎名ですが、蓮が彼女に触れると心の声が聞こえ、なにかを後悔してることが伝わってきます。
しかし、椎名自身に確認しても本人もよくわかっていないらしく、潜在的に後悔しているのだと蓮は感じます。

途中イチャイチャが続き、椎名の後悔を解消するため、猫の案内もあり悠久の場所「迷い桜」へ2人で向かいます。

たどり着いた1番大きな桜の木の下で、蓮が埋めた椎名への手紙を掘り起こし、椎名と一緒に読みます。そこで椎名は蓮にお礼を言い、彼女の心残りも解消されるのでした。

椎名 感想

椎名がかわいいルートですね。ALIA戦もすぐに負けてしまうので、異能バトルとは何だったのか… てはなりますねw
イチャイチャを楽しむルート、シナリオとしてはあまり盛り上がりがなかった印象です。

才城かりんルート


家では家事全般をこなし、学校では彫金部のエースとして活躍する彼女ですが、大のお兄ちゃん好きです。
兄の観察日記や妄想ノートを書いていたりと、かなりのブラコンを患っています。

 

かりんルートでもアス研を辞めて、妹を支えるため蓮は彫金部へ転部します。
前半は兄妹での恋愛に揺れる心情や葛藤が描かれています。
中盤からは家族の話で、2人の母親について語られます。
母親は特殊な能力を持っていて、能力の弊害で死に至ったという過去が明かされ、母親の能力を引き継いだ2人が近づくと、母親と同じことが起こることがわかります。

2人は決して結ばれてはいけないという状況に苦悩します。
かりんは自分に近づいてはいけないと蓮から逃げます。
彼女を追い、蓮は悠久の場所に迷い込んでしまいます。

大きな桜の木の下でかりんを見つけ、彼女は蓮に今までの感謝を伝え、自分はここに残って蓮の前から居なくなると言い出します。
どこに居ても、姿が変わってもいつまでも蓮と一緒だから幸せだと告げます。
蓮はそんな現実は認めず、アーケンの能力を使い、本棚の空で最適解を見つけ出します。

ここはかりんの夢なのだと。彼女の思い出と、傷と、寂しさとが入り交じった哀しい夢。
蓮はかりんを抱き寄せ彼女の心の傷を溶かし、夢から目覚めさしてあげるのでした。

月日は流れ3年、この日はかりんは旅立ちの日です。
蓮は彼女の手を優しく握り
一度は離れ離れになってしまった手を、今度はもう離さないと誓うのでした。

かりん 感想

個人的には才城家の絆のお話なのかなと。父も母も出てくるルートだし。それだけに最後夢オチにして風呂敷を畳んだのはどうかなと思います。
最終的にはハッピーエンドですが、個人的に消化不良なルートです。

小鳥遊七菜ルート


彼女は移植版の追加ヒロインです。ちなみに七菜は弓と親友でクラスメイト。
父の影響で天文学に興味を持ち、夢は父と同じ天文学者になり超新星を見つけること。
椎名と同じ様に大人しい性格ですが、大好きな星の話になるとスイッチが入り、テンションがハイになります。

 

彼女のルートでは、最初からアス研に入らず天文学部に入部します。
天文学部で活動するうちに、蓮は七菜に惹かれていき、七菜は蓮を意識していくようになります。

ある日、第一天文部からプラネタリウムの上映会の解説を依頼されます。上映会自体は無事に終了し、後片付けをしていると遅い時間になっていました。
不運なことに2人きりの部室は突然停電してしまい、暗いところの苦手な七菜怯えてしまいます。
怖がる彼女を抱き寄せ、良い雰囲気になりますが、最終的にはなにもなく終わります。
蓮も七菜もお互い惹かれていることは気づいていましたが、どうしたらいいのか迷っていました。

翌日、再び上演会で解説をおこなっている七菜を見て、自分の気持を自覚した蓮は、帰り道の公園で告白をし晴れて恋人同士になるのでした。

デートをしてイチャイチャしたり、「桜雲星」に願い事をしたりして、GWの第一天文部との合同合宿の日を迎えます。
合同合宿2日目の朝、徹夜で天体観測をしていた蓮は、なかなか寝付けず森へ散歩に行きます。
散歩中に七菜と会ったので、2人で一緒に散歩をしていると、景色が急に変わり大きな桜のある場所へたどり着きます。
そこで七菜は綺麗な石を拾うのでした。

散歩から帰ってきた蓮は寝ていますが、部員の蒔野と白石は血相を変えて蓮のもとへやってき、七菜が行方不明になったと伝えます。

必死に探す蓮のもとに、学園で見たふてぶてしい猫がやってきて、導かれるように進んでいくと散歩のときに迷い込んだ桜並木に着くのでした。
桜並木の奥に向かうと、大きな桜があり、七菜もいるのでした。
蓮は安心しますが、突然案内してくれた猫が喋りだします。
猫の話では、七菜が拾った石は「星の涙」で、この石は悠久の場所にしか存在しないため、七菜はこの場所に閉じ込められてしまったのだと。

そこで蓮はある噂を思い出します。

「桜雲星」は地上のどこかに落ち、「星の涙」という宝石になって、石を手にした人は「桜雲星」に願ったことが叶い、願いを叶えると石は再び空に戻り流れ星になるという噂を。

蓮と七菜は「星の涙」を空へ戻すため、「この人とずっと一緒にいられますように」と再び願うのでした。

 

願いが叶ったことで、悠久の場所から戻ってきた2人は、空を見上げます。
空には今まで見たことのない、強く光る星を見つけます。星を発見した七菜は超新星かもしれないと写真を撮ります。

数日後、撮った星は超新星ではないことが判明しますが、彼女の夢の一歩目として、プラネタリウムに写真を飾るのでした。

七菜 感想

移植版の追加ルートですが、すごく綺麗にまとまっていました。
ただALIA戦もないし、正直、ALIA’sCARNIVAL! じゃなくてもいいのではと思ってしまいます。
本編とは独立している分、伏線回収できなくて… みたいなことはないのでスッキリ読めるので、1番最初、もしくは1番最後にプレイするのがおすすめですね。

まとめ

個人的にはALIA戦も熱く、青春ものとして楽しめました。
明日葉、月詠、弓は個人的にはおすすめです。不満点としては伏線や謎を回収しきれてないところですかね。
もっと回収してほしかった。

ただFDを含んだPS4版や、世界観が同じな「春音アリス*グラム」も発売しているので、そちらで伏線や謎が回収されてるのかもしれません。
「春音アリス*グラム」には神無月祥子が出てくるらしいので後日プレイ予定です。
FDの「Flowering Sky」もプレイしたいので、「春音アリス*グラム」クリア後にPS4版も買い直す予定です。

これを読んで気になった方はPS4版をプレイしてみてください!
FDもセットになっているので、今からプレイするならPS4版のほうがおすすめです!

ALIA's CARNIVAL! サクラメント - PS Vita

ALIA's CARNIVAL! サクラメント - PS Vita

5,500円(11/14 09:50時点)
Amazonの情報を掲載しています
ALIA's CARNIVAL!  サクラメントプラス - PS4

ALIA's CARNIVAL! サクラメントプラス - PS4

5,450円(11/14 09:50時点)
Amazonの情報を掲載しています
春音アリス*グラム Snow Drop 通常版 - PS4

春音アリス*グラム Snow Drop 通常版 - PS4

3,640円(11/14 10:10時点)
Amazonの情報を掲載しています
最新情報をチェックしよう!